住み替えサービス|さいたま市・川口市の新築一戸建て・不動産のことなら藤島住宅

       

住み替え相談

現在お住まいを売却して新居ご購入をご希望の方へ

住み替え相談

現在お住いのご自宅を売却して新居ご購入をご希望の方は、諸条件により売却と購入の進め方や資金計画の組み方が異なる場合がありますので、最初に全体の流れを確認することが大切です。
ご売却先行の場合

まだ新居が決まっていない段階で売却を始めることになります。
新居を購入する上で、現お住いの住宅ローン残債は売却しないと返せない場合、または新居購入の資金計画で売却した資金を頭金として組み込む必要がある場合などは、売却を確定するため先行して行います。

先行して売却を行うメリットは、売却が確定してから新居の購入になりますので、資金計画の見通しが出来ていますので安心が持てます。

一方、リスクとしては、直ぐにご自宅の買手が見つかった場合です。
通常、この様な場合は、買主側へは「お引き渡しを、ご契約から3か月後。」といった条件を付すことが一般的です。しかし、新居が完成済み物件でしたら良いのですが、ご自宅お引き渡しの時までに新居が完成していない、または、そもそもなかなか気に入った新居が見つからない・・・という場合は、現ご自宅のお引き渡し後一旦仮住まいへの移転が必要となります。

ご購入先行の場合

現ご自宅の住宅ローンお借り入れが無い場合、売却資金を新居購入時に資金としてなくても資金計画が成り立つ場合は購入を先行して行います。
または、売却を業者買取にすることで売却期間の短縮が出来る場合は、気に入った新居が見つかってからでも、新居のお引き渡しまでに買取手続きが完了できる場合も購入を先行して進められます。

メリットとしては、気に入った物件が見つかるまでゆっくり探せられます。
かつ、売却も新居へのお引越完了後、焦らず売却できますので、購入者ご案内の際に在宅して立ち会う必要もありません。(弊社で責任を持って鍵をお預かりし、担当営業が立ち合いを行います。)

リスクとしては、前述の通り、買取での売却の場合一般の売却額より金額は下がってしまいます。

藤島住宅だけの安心サービス

藤島住宅の自社物件への住み替えをご検討いただく場合は、
購入先行後ご自宅の売却を進めますが、万が一、一定期間内に購入者が見つからなかった場合は、新居購入のご契約を白紙解除することが出来ます。

お住み替えの場合、売却を先行すると一旦仮住いへの移転が必要となる場合があります。お引越しは体力的にも精神的にも大変負担の大きいものです。仮住まいで体調を崩されたとお話もお聞きします。
また、購入先行の場合は、「自宅売却の条件を業社による買取り」としか認めてもらえない場合がほとんどです。
なぜなら個人の売主様であっても分譲会社であっても、ご契約後数ヶ月経って、白紙解約となるリスクを取ってはいただけません。

しかし、藤島住宅では、折角気に入った物件が見つかってもご自宅売却の目途が立つまで待っていたら、その物件が他の方で売れてしまうかもしれません。
そこで、まず新居のご契約を進めて頂き、同時に売却も速やかに開始します。
そして、ご売却が間に合うように広告なども広範囲で展開し全力でお手伝いいたします。
しかし、一定期間内に売却が決まらなかった場合は、一旦新居のご契約を白紙解除に出来ます。
他の業者さんは、その場合は業者買取であってもとにかく売却を進めてください・・・となります。
白紙解除の場合は、新居ご契約時の手付金も全額お返ししますのでご安心ください。解約手数料等が発生することは一切ありません。
もちろん、お客様の判断で買取にてお話を進めたいという場合は、最後まで弊社でお手伝いさせていただきます。

これは、地元密着で安定した経営を続けている藤島住宅だからこそできるサービスです。
藤島住宅が、多少のリスクを負ってもお客様のお役に立てるようご協力いたします。

住み替え方法による違いは?
自宅売却先行の場合
ご自宅を売却してから新居を購入する、お買い替え方法です。
メリット
・売却益が確定するので、新居購入の資金計画が明確になり安心できます。
×デメリット
・購入物件が見つからない場合は、仮住まいへの移転が必要となる場合があります。
よって、新居探しへの期間が短くなる場合があります。
新居購入先行の場合
新居を購入してからご自宅を売却する、お買い替え方法です。
メリット
・ご自分のペースで購入物件探しが出来ます。
仮住まいへの移転リスクが軽減されます。(新居のお引き渡しまでの期間が長く、ご自宅購入者が早期のお引き渡しを希望された場合お互いご相談となります。)
×デメリット
・新居購入の資金計画で自宅売却が必須の場合は、売却の期間が限られてしまいます。
場合によっては、不動産業者による買取売却となります。